ニュースリリース

トップ

Gmailの「メール送信者のガイドライン」変更に伴う当社の対応方針について

製品のお知らせ

Google社は2023年10月、迷惑メール対策を目的とした新たな「メール送信者のガイドライン」を発表しました。本件を受け、メール配信機能を搭載する当社コミュニケーションシステム「WEBCAS」シリーズにおける対応方針をお知らせいたします。

ガイドライン変更の概要

2024年2月以降、Gmail アカウントに1日あたり5,000件以上のメールを送信する送信者に対し、以下3点が義務付けられます。

  • 送信メールを認証すること
  • 未承諾のメールまたは迷惑メールを送信しないようにすること
  • 受信者がメールの配信登録を容易に解除できるようにすること

※ドメインがgmail.com またはgooglemail.comとなる個人のGoogleアカウント


ガイドラインに沿った対応を行うことで、Gmailアカウントにメールが正常に送信、配信されるようになります。
ガイドラインの詳細についてはGoogle社のヘルプをご参照ください。

・メール送信者のガイドライン
https://support.google.com/a/answer/81126
・メール送信者のガイドラインに関するよくある質問
https://support.google.com/a/answer/14229414

Gmailの新しい送信者ガイドライン(1日5,000通以上の送信者に求める要件)

  • SPFおよびDKIMの設定
  • 有効な正引きおよび逆引きDNSレコードの設定
  • Postmaster Toolsで報告される迷惑メール率を0.10%未満に維持し、0.30%を超えないようにする
  • メッセージ形式はInternet Message Format 標準(RFC 5322)に準拠
  • ヘッダfromのドメインを@gmail.comになりすまさない
  • メールを定期的に転送する場合はARCヘッダとList-idヘッダを付与
  • DMARCのポリシー公開
  • ダイレクトメールではDMARCアライメントに沿うメールを送ること
  • メッセージにワンクリックの登録解除機能を搭載(List-Unsubscribeヘッダの付与)
  • メールの送信にTLS接続を使用

ガイドラインが適用されるまでのスケジュール

Googleは以下のようにガイドラインを適用するスケジュールを公表しております。

2024年2月より
要件を満たしていない一括送信者は、非準拠のメールトラフィックのごく一部で一時的なエラー(エラーコードを含む)を受け取るようになります。これらの一時的なエラーは、送信者がGoogleのガイドラインを満たしていないメールトラフィックを特定し、コンプライアンス違反の原因となる問題を解決できるようにするためのものです。

2024年4月より
ポリシーに準拠していない一定の割合のメールトラフィックを拒否し、拒否率を徐々に引き上げていく予定です。たとえば、送信者のトラフィックの75%が要件を満たしている場合、残りの25%のうち、一定の割合で非準拠のトラフィックが拒否されるようになります。

2024年6月1日まで
一括送信者は、すべての商用メール、プロモーション メールにワンクリックでの登録解除を実装する必要があります。

影響する当社製品

  • メール配信システム「WEBCAS e-mail」
  • アンケート・フォーム作成システム「WEBCAS formulator」
  • 問い合わせメール共有システム「WEBCAS mailcenter」
  • データベース作成システム「WEBCAS DB creator」
  • HTMLメール作成ツール「SMO for WEBCAS」
  • マーケティングオートメーション「WEBCAS Auto Relations」

※いずれもメール配信機能が対象

当社クラウドサービスにおける対応

メール配信事業を展開する当社は、社会課題であるなりすましメールを抑制することを使命として、「SPF」「DKIM」「DMARC」などの送信ドメイン認証技術の導入支援をはじめ、様々な観点から迷惑メール対策に取り組んでおります。この度のGoogleの送信者ガイドライン変更に伴い、当社が現在実施している対応および今後の対応方針をお知らせいたします。

メールの送信に TLS 接続を使用

メール送信においては、標準でSTARTTLSに対応しております。

メッセージ形式はInternet Message Format 標準(RFC 5322)に準拠

「WEBCAS」の管理画面上でメールを作成するサービスにおいては、RFC 5322に準拠しております。当社のリレーサービスやMTAをご利用中のユーザー様は、ユーザー様側でご対応いただく必要があります。

メッセージにワンクリックの登録解除機能を搭載(List-Unsubscribeヘッダの付与)

今後、「WEBCAS e-mail」の利用ユーザー様に対し、「List-Unsubscribe」ヘッダを自動付与する機能を順次リリースいたします(2024年2月から)。
※詳しいリリース内容・予定は担当者へお問い合わせください。

「第三者署名」でのDKIM付与

アンケート・フォーム作成システム「WEBCAS formulator」、問い合わせメール共有システム「WEBCAS mailcenter」、データベース作成システム「WEBCAS DB creator」は、「第三者署名」でのDKIMに対応しております。
※これらの製品はDKIMが「第三者署名」でもDMARCをpassします。
※上記製品を専用MTA環境で利用されているユーザー様は、別途担当からご連絡いたします。

当社クラウドサービスのユーザー様が必要な対応

Googleのガイドラインに準拠するためには、利用ユーザー様においても以下の対応が必要となります。

SPFおよびDKIMの設定

当社では以前より、ユーザー様に対しSPFの設定を強く推奨しております。SPFは、送信者メールアドレスのドメインを管理しているDNSサーバにユーザー様側で設定を行う必要があります。DNSを管理している貴社内の情報システム部門や、開発ベンダー様にご依頼ください。

また、メール配信システム「WEBCAS e-mail」はDKIMに対応しております。「WEBCAS e-mail」の管理画面で発行した公開鍵を、送信者メールアドレスのドメインを管理しているDNSサーバのTXTレコードに記述いただく必要があります。
※迷惑メール率を確認するには「作成者署名」であることが必要なため、当社では「WEBCAS e-mail」からの送信については 「作成者署名」を推奨しております。

Postmaster Toolsで報告される迷惑メール率を0.10%未満に維持し、0.30%を超えないようにする

迷惑メール率を下げるには、メール配信頻度の変更や配信先のクリーニング、配信停止の簡便な受付など、ユーザー様における総合的な対策が必要です。

なお、DKIMを付与してメールを配信すると、 Gmailではユーザー様ごとに迷惑メール率を確認、観測することができます。

※DKIMのドメイン(d=)はユーザー様のドメインを使用し、ヘッダFrom(WEBCASの送信者メールアドレス)のドメインがDKIMのドメインと一致した場合。

DMARCのポリシー公開/ダイレクトメールではDMARCアライメントに沿うメールを送ること

SPFとDKIMに加えて、DMARCによる送信ドメイン認証も設定する必要があります。送信者メールアドレスのドメインを管理しているDNSサーバに、ユーザー様側でDMARCレコードを登録してください。ダイレクトメール(DM)の場合は、送信者のヘッダFrom内のドメインがSPFドメインまたはDKIMドメインと一致している必要があります。なお、ガイドラインにおいて適用ポリシーは「none」(p=none)の設定で問題ないとされております。

当社パッケージ製品のユーザー様にて必要な対応

当社パッケージ製品をご利用のユーザー様では、必要とされる対応事項が環境、使用方法によって異なります。「List-Unsubscribe」ヘッダの自動付与機能の提供スケジュールを含め、別途担当からご連絡いたします。本件に関してご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

サポートについて

当社は今後も「WEBCAS」シリーズのユーザー様に対し、Googleのガイドラインへの対応を支援してまいります。メール送信者のガイドラインについて各種情報や機能に対してのアップデートがある場合は、当社Webサイトあるいはユーザー様への通知にてご案内いたします。

最近のニュースリリース

製品のお知らせ2024年06月24日
「WEBCAS e-mail」と「WEBCAS formulator」が「ITreview Best Software in Japan 2024」のTOP50に選出 ~ビジネスユーザーからの満足度が評価され、高い支持を得る~
製品のお知らせ2024年06月04日
アンケート・フォーム作成システム「WEBCAS formulator」が「BOXIL SaaS AWARD Summer 2024」で「Good Service」に選出 ~Webアンケートツール・システム部門で「使いやすさNo.1」「お役立ち度No.1」など7つのNo.1を獲得~
製品のお知らせ2024年06月04日
メール配信システム「WEBCAS e-mail」が「BOXIL SaaS AWARD Summer 2024」で「Good Service」に選出 ~メール配信システム部門で「サービスの安定性 No.1」「サポートの品質No.1」など5つのNo.1も獲得~
製品のお知らせ2024年05月27日
WOW WORLD、ダイワボウ情報システム経由で「WEBCAS」シリーズの販売を開始 ~約19,000社の販売パートナーと全国96の販売拠点を有するダイワボウ情報システムを通じて、メール配信システムやアンケート・フォーム作成システムなどの「WEBCAS」シリーズを提供~
製品のお知らせ2024年05月21日
WOW WORLD、ネットワールド経由で「WEBCAS」シリーズの販売を開始 ~ネットワールドが保有する全国の販売パートナーを通じて、メール配信システムやアンケート・フォーム作成システムなどの「WEBCAS」シリーズを提供~