メール配信システム

WEBCAS e-mail

トップ

メルマガ支援サービス(メルマガ制作・運用代行)

メルマガ制作代行サービス_pc

メルマガ制作代行サービス_sp

メルマガ制作・運用支援サービスの特徴や料金プランなど、
詳細資料(PDF)をご確認いただけます

0120-936-627受付時間 10:00~18:00(土日祝除く)

当社WOW WORLDでは、メール配信システムWEBCAS e-mailの利用ユーザー様に向けて、メルマガの制作・運用支援サービスを提供しています。
企業や組織ごとにメールマガジンの運用体制は違い、それぞれが抱えている課題や解決方法は違います。だからこそ当社では、皆さまの個別具体的なご要望にお応えできるよう、経験豊富なメルマガコンサルタントによる支援サービスをご用意いたしました。お客様ごとに最適なご提案をさせていただきますので、ぜひご相談ください。

豊富なメルマガ制作支援実績があります

メルマガ制作支援サービス導入企業ロゴ

上記は掲載許可をいただいた一部のクライアント企業様です。このほか、金融、教育、医療、不動産、語学、百貨店、ホテル、食品宅配、ECサイトなど多数の実績があります。

WOW WORLDのメルマガ制作・運用支援サービス

1. HTMLメール制作サービス

2. メルマガ配信代行サービス

お客様からいただいた構成案や素材を活用し、HTMLメールの制作代行をさせていただくサービスです。 当社のメール配信システム「WEBCAS e-mail」を使用し、配信代行をおこなうサービスです。
おすすめの対象者様
  • 配信したいコンテンツが決まっており、画像素材もあるが、クリエイティブを制作するリソースがない方
  • HTMLメールの制作知識がないが、画像のあるメールを配信したい方
おすすめの対象者様
  • イベントやキャンペーンの告知など、単発のメールを配信したい方

1. HTMLメール制作サービス

貴社にご用意いただいたコンテンツ(テキストや画像)を使用し、ブランドイメージや構成案に合わせたHTMLメールを制作いたします。HTMLテンプレートの制作も可能です。

「構成は決まっているが、HTMLメールの制作に不安がある」「デザイン性の高いメルマガを配信したい」「まずは使いまわせるテンプレートが欲しい」そんな企業様に最適です。

HTMLメール制作の例

HTMLメール制作の例

HTMLメール制作の例(お客様一人ひとりに個別の契約内容が差し込まれるよう設定しています)

POINT
PowerPointなどで簡単なイメージをお伝えいただくだけで、デザイン性の高いHTMLメールを配信することができます。イメージをもとに綿密なヒアリングを行い、専任スタッフをそろえてプロジェクトを進めさせていただきます。

<HTMLメール制作サービス 参考料金・お見積もり実例>

HTMLメール制作・テンプレート制作
300,000円~/本

メルマガ制作・運用支援サービスの特徴や料金プランなど、
詳細資料(PDF)をご確認いただけます

0120-936-627受付時間 10:00~18:00(土日祝除く)

2. メルマガ配信代行サービス

ご用意いただいたメール原稿を、お客様の代わりに当社メール配信システム「WEBCAS e-mail」に設定し、配信予約を行います。「メールを配信したいが、忙しくて配信設定作業の時間が確保できない」というお客様に最適です。

POINT
配信システムの使い方を覚えることなく、メルマガをミスなく・スピーディーに配信できます。テスト配信もおこないますので、配信前に確認できて安心です。

<メルマガ配信代行サービス 参考料金・お見積もり実例>

メール配信代行サービス
50,000円~/1原稿(定期的に配信をする場合は別途ご連絡ください)

メルマガ制作・運用支援サービスの特徴や料金プランなど、
詳細資料(PDF)をご確認いただけます

0120-936-627受付時間 10:00~18:00(土日祝除く)

メルマガ制作・運用支援サービス実績ご紹介

メルマガ制作支援サービス導入企業ロゴ

<その他業界別実績>
金融、教育、医療、不動産、語学、百貨店、ホテル、食品宅配、ECサイトなど

<これまでの実務内容>
HTMLメルマガ/テキストメルマガ制作代行、 フォローアップメール(ステップメール)制作代行、メルマガ配信代行、分析レポートの作成、読み物コンテンツ(コラム)の添削、リライト

  • 最新活用事例
    コーセープロビジョン株式会社様

    「通販専用化粧品ブランド『米肌』のフォローアップメールのコンサルティングと、メールのクリエイティブ制作をお願しています。
    全体の構成やメール件名の見直し、『米肌』の世界観を色濃く反映したデザインへの変更、“お客様が商品を使い続けたくなる情報”の入れ方、コンバージョン(商品購入)に結びつく誘導ボタンや商品ページへの誘導など、丁寧な設計とアイデアのおかげで、メールの開封率、クリック率はもちろん、メール経由の売上、リピート率、LTV、全てのKPIが向上しました。」

    <実際に配信しているフォローアップメールの例>
    フォローアップメールの例

ご利用されている企業様と、当社担当ディレクターの声

  • 「毎月読者から投稿が集まるほど、顧客に楽しみにされるメルマガになるとは思いませんでした。自分たちで企画していたら、こんなに人気がでていなかったのではないかと思います」
  • 「全国の営業担当の方とお客様の関係が築けているからこそ、メルマガ読者から多くのレスポンスがあるのだと実感しています。これからも喜ばれるコンテンツを企画できるように頑張ります!」
  • 「当社は顧客ごとの出し分けに注力しており、出し分けのパターンは300近くになりますが、原稿の設定も対応してもらい、運用の負荷が軽減されています。おかげで企画にかける時間が作れるようになり、今年は新しいキャンペーンを実施することができました。ありがとうございます」
  • 「細かい設定は毎回注意が必要ですが、テスト配信の確認もご協力をいただき、大きな事故もなく運営できています。これからも、お客様に喜ばれる企画のお手伝いができることを楽しみにしています」
  • 「初めてメルマガを配信することになり、不安ばかりでしたが、無事にメルマガが配信できたのはご担当者様が親身になってサポートしてくださったからだと思います。今後とも、よろしくお願いします」
  • 「配信の設定はお客様にて行うことになっていましたが、初回の配信直前に環境を確認したところリンクの設定に不備がありましたので、お客様にご連絡をとり、誤配信を防ぐことができました。普段から密に連絡をとっていたので、緊急時もスムーズに対応できて良かったです」
  • 「自分たちで配信を始めてみたものの、長くて読みづらいメールになってしまい、困っていました。添削してもらってからは、営業先からも『メルマガで〇〇のこと、読みましたよ』などと声をかけられるようになりました」
  • 「毎回濃い内容の原稿をお預かりしています。書いて下さる方の想いを大切に、読む方にとって読み続けたくなるメルマガにできるよう、これからもお手伝いさせていただきます!」

メルマガ制作・運用支援サービスの特徴や料金プランなど、
詳細資料(PDF)をご確認いただけます

0120-936-627受付時間 10:00~18:00(土日祝除く)

メルマガ制作に関する良くあるご質問にお答えします

メールマガジン制作支援活動をしていくにあたり、メルマガ制作担当者様からよく頂く質問と、その回答をご紹介します。今後のメールマガジン制作のヒントになれば幸いです。

Q

メルマガ配信の頻度はどれくらいが良いのでしょうか?多すぎると押しつけがましいのではないかと不安です。

A

接触頻度を増やすという意味では、ある程度の配信回数は必要ですが、配信回数を増やしても、ある回数を境に、売上は伸びなくなるというデータがあります。
BtoCの場合は1回/週、BtoBの場合は1~2回/月の配信が目安です。

Q

テキストメールしか配信していないのですが、HTMLメルマガの方が効果がありますか?

A

HTMLメルマガが、どんな商材にも効果的だというわけではありません。HTMLメルマガが優位な商材は、アパレル、グルメ、旅行などです。逆に、HTMLメルマガにしても、ほとんど効果が上がらない商材もあります。

HTMLメルマガは、開封率が計測できるなどのメリットがありますが、制作コストがかかるというデメリットもありますので、導入するかどうかを判断するために、テスト期間を設けることをお勧めします。

また、HTMLメルマガのほうが向いている商材でも、HTMLメルマガばかりを出し続けていると、お客様が見飽きてしまい、反応が落ちてしまいますので、適宜テキストメルマガをはさみながら、インパクトを与えたいときにHTMLメルマガを使うという運用をお勧めします。

Q

1通あたりの文字数はどれくらいがベストでしょうか?長すぎると読んでもらえないのではないかと不安です。

A

「長すぎると読んでもらえない」というより、「読者が長すぎると感じると読んでもらえない」ということはあります。読者が長すぎると感じるメルマガは、レイアウトやデザインが見にくかったり、文章が冗長でテンポが悪かったり、読者をワクワクさせるような工夫がされていないメルマガです。人気ECサイトのメールマガジンでは、さらさらと読めるけれど、プリントアウトしてみると、A4で10枚以上になるようなものもあります。

ただし、長いメルマガを、長すぎると感じさせないためには、やはりライティングのテクニックが必要になりますので、自社で制作される場合には、1メルマガあたり2コーナー(ヘッダ/導入/目次/コーナー1/コーナー2/編集後記/フッタ)を目安にするとよいでしょう。

Q

配信時間はいつがいいですか?アドバイスをお願いします。

A

読者層や、商材によって異なりますので、一概には言えません。(例:ビジネスパーソン向けのメルマガは、通勤時間やお昼休みに読まれることが多いなど)

WEBCASでは、読者が開封した時間やクリックした時間を計測することができますので、そこから読者の行動パターンを推察し、最適な配信時間を見つけ出すとよいでしょう。

Q

プロのライターは、1本の原稿をどれくらいの時間で書くのですか?参考までに教えてください。

A

速いライターは、PC向けのメルマガを、1時間で1本書きあげます。なぜ、そんなに速いかというと、パソコンに向かったときには、「何を、どう書くか」はすべて頭の中にできあがっているからです。そうあるために、プロのライターは、メルマガの内容を数カ月先まで計画し、日ごろの生活の中でネタ探しをしたり、頭の中で構成や文章を組み立てたりしています。

バタバタと時間に追われるようにして書いたメルマガと、じっくり計画を練って準備をしたメルマガでは、読者の反応がまったく異なりますので、ぜひ中長期的な制作計画を立てて取り組んでください。

Q

クリック率はどれくらいを目標値としたら良いでしょうか?

A

BtoB向けなのか、BtoC向けなのか。購入者なのか、未購入者なのか、独自ドメインサイトなのか、ショッピングモールのサイトなのかなど、読者の属性によって全く数値が変わってきますので、一概には言えません。

一例として、ある独自ドメインのECサイトで、未購入者も含むアドレスに配信した場合のPCのテキストメールマガジンのクリック率が1~3%程度、既購入者のみのアドレスに配信した場合、5~10%程度という数値が出ています。目安にしてください。

Q

PC向けのテキストメールを、最近はスマホで読む人がいるので、1行あたりの文字数をどのように設定しようか悩んでいます。何か解決策はありますか?

A

PC向けのテキストメールの場合は、1行あたりの文字数を35文字前後にするとよいと言われています。しかし、35文字で改行を入れると、スマートフォンでは読みにくくなってしまいます。

読者アンケートを行ってみて、スマートフォンで読んでいる方が無視できない割合でいるようでしたら、スマートフォンでも読みやすいメルマガを検討しましょう。具体的には、「。」まで改行なしで一文を続けるという方法が一般的です。

ただし、そうすると、今度はPCで読んだときに、読みにくくなるので要注意です。 なるべく、一文を短くするように心がけ、体言止めを効果的に使う。空白行を多めに入れるなどの工夫をすることによって、改行なしでも多少読みやすくなります。

Q

HTMLメルマガのスマホ対応が課題になっています。スマホ向けのHTMLメルマガ制作は依頼できますか。

A

もちろん可能です。ただし、HTMLメルマガは受け取る側の端末やメールソフトなどの環境によって表示のされ方が異なるため、ユーザーの受信環境を想定して準備することが大切です。
「メールが正常に表示されなかった」という事態を避けるためにも、当社のメール配信システムのコンテンツ振り分け機能(端末情報を把握し、適切なコンテンツを自動で送り分ける機能)を活用されることをおすすめします。

メルマガ制作コンサルティングに関するお問い合わせを随時承ります

メルマガ制作コンサルティングサービスについては、資料請求、お問い合わせをWebフォーム、もしくはお電話にて随時承っております。メール配信システムのご相談がある場合も、合わせてお伺いいたします。専任担当者がご対応いたしますので、以下問い合わせ窓口よりお気軽にご連絡ください。

メルマガ制作・運用支援サービスの特徴や料金プランなど、
詳細資料(PDF)をご確認いただけます

0120-936-627受付時間 10:00~18:00(土日祝除く)

メルマガ制作代行サービスをご利用いただいたお客様にインタビューさせていただきました