• マーケティング オートメーション
  • メール配信
  • アンケート・ フォーム作成
  • 顧客管理(CRM)
  • 問い合わせメール共有
  • 導入企業様インタビュー
  • 導入企業様のサービス体験記
総合通販売上高ランキング 売上高トップ15社中13社がWEBCASを導入しています。

総合通販売上高ランキング 売上高トップ15社中13社がWEBCASを導入しています。

PC、携帯電話、スマートフォン向けメール配信にも対応。導入実績多数!

お電話でのお問い合わせ0120-948-724受付時間 10:00~19:00(土日祝除く)

複数データベース連携メール配信ASP

WEBCASは、他社のメール配信ASPサービスとは一線を画す、複数データベース連携機能をクラウド(SaaS)版において実装しています。

お客様とのコミュニケーションの起点となるメールは、企業様が既にお持ちの基幹データベース、CRMシステム、ECシステム、キャンペーン管理システム、オンライン会員データベース等、複数のデータベースと連携し、活用されるシーンが多々あります。WEBCASなら、離れた場所(IDC)に存在するこれらのデータベースと、カスタマイズなしでスピーディに連携できる機能を搭載。データベースの新規構築の必要なく、今ある環境を活かしたメールマーケティングが、クラウド環境でスピーディに実現します。これにより、企業が頭を悩ませる、データベースの統合にかかるコストや時間、リソースの大幅削減を実現します。

点在する複数データベースと連携するメール配信クラウドなら、関連会社の統合運用も可能に!

WEBCASメール配信のクラウド版には、独自開発のデータ連携ツールWEBCAS connectorが組み込まれています。これにより、複数の場所にある複数データベースと連携することが可能になります。

例えば、支社別、関連会社を複数抱えている企業において、データベースが様々な場所(データセンター)に点在していることがあります。WEBCASなら、これら各地に点在する複数データベースとつながり、統合したメールマーケティングシステムの構築が可能になります。しかも、部門毎、会社毎と、管理を自由に分けることも可能です。このような運用を、メール配信クラウドサービスとして柔軟に構築できるのが、WEBCASの大きな利点です。

離れた場所にある複数のデータベースと連携!今ある情報資産を有効活用離れた場所にある複数のデータベースと連携!今ある情報資産を有効活用

今お使いのデータベースの種類に柔軟に連携可能

WEBCASは、他社にない独自のデータアクセス機能「WEBCAS connector」を有しており、非常に柔軟なマルチプラットフォーム対応を実現しています。クラウドサービスでありながら、企業様が既に管理されているデータベース、例えばOracle、DB2、MSSQL、PostgreSQLなど、主要データベースと、当社メール配信クラウドサービスを接続することが可能です。これにより、新規データベース構築・統合なしで、スピーディかつ低コストにメールマーケティングの体制を構築することが出来ます。

データベースの種類を選ばず、スピーディに連携可能データベースの種類を選ばず、スピーディに連携可能

複数の運用単位(スキーマ)が設定可能

WEBCAS e-mailでは、複数部署や組織別に完全に管理を分けて運用することができます。メール配信の運用単位を「スキーマ」といい、スキーマ単位で「配信停止 情報」の管理やデータベースとの連携が行えます。サービス毎にお客様データを完全に分けて運用したい場合に最適です。

スキーマ運用イメージスキーマ運用イメージ

「送りたくない方には送らない」設定も可能!(キーインポート機能)

WEBCASと連携している顧客データベースの中から「特定の人を除いた方向けにメール配信したい」という場合にも対応可能です。

たとえば、データベースで管理している会員の中から「当選者を除いて再度告知を送りたい」「イベントに参加していない方に、メールで改めて来場を促したい」などのケースにも柔軟に対応できます。

この場合、「配信対象から除外したい方」のメールアドレスや会員IDをCSV形式でインポートし、抽出条件で指定することで、簡単に「配信対象から除外」することができます。

「送りたくない方には送らない」設定も可能!(キーインポート機能)「送りたくない方には送らない」設定も可能!(キーインポート機能)

データは、メールアドレス以外にも、会員IDなどユニークなキーでも受け付けることができます。

また、「配信したい対象」のキーをインポートし、そのターゲットだけに配信することも可能です。

ご利用用途の例
  • 当選者以外の方へキャンペーンメール
  • イベント・展示会参加者を除いたお誘いメール
  • DWHで分析後、対象を絞ったターゲティングメール配信

お電話でのお問い合わせ0120-948-724受付時間 10:00~19:00(土日祝除く)

お電話でのお問い合わせ0120-948-724受付時間 10:00~19:00(土日祝除く)

WEBCASメール配信ASPの価格

初期費用30,000円
月額費用10,000円~

ご要望に合わせて低コストな運用方法をご提案いたします。

WEBCASメール配信ASPは、基本的に配信数を基にした従量課金、および配信リスト数(メールアドレス数)を基にした送り放題定額制プランをご用意しています。
ご希望の運用によりプランが異なりますので、まずはお問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせ0120-948-724受付時間 10:00~19:00(土日祝除く)

4,000社以上に選ばれています! WEBCASシリーズの導入実績

WEBCASメール配信ASPは、お客様のご要望を反映した充実機能を搭載WEBCASメール配信ASPは、お客様のご要望を反映した充実機能を搭載

WEBCASメール配信ASPは、メール販促がビジネスに直結する大手通販企業に採用されているメール配信システムを、月額1万円~というコストで提供しているクラウドサービスです。2001年の発売以来、ユーザー企業の要望を反映して7回のメジャーバージョンアップを繰り返し、高い配信性能とOnetoOneメール配信機能、スマートフォン対応などを充実させてきました。現在ではEC事業者問わず多様な業界に口コミ中心に利用が広がっており、おかげさまで市場でも最高の評価をいただいております。

WEBCAS顧客管理ASP 導入企業様の声を一部ご紹介します導入企業様の声を一部ご紹介します!

  • ベイクルーズ様

    ベイクルーズ様
    「お客様の段階に合わせてシナリオメールを50パターン配信し、大きな成果を上げています。自社ECの売上は前期比77%向上しました。」

  • パルシステム様

    パルシステム様
    「お買い忘れを防止する自動配信メールの仕掛けをWEBCASで構築したところ、すぐに売上押上げ効果が現れました。」

  • デファクトスタンダード様(ブランディア運営)

    デファクトスタンダード様(ブランディア運営)
    「メール配信APIで定型業務を効率化し、削減できた時間で検証を続けるうちに、メルマガの勝ちパターンが見えてきました。」

  • カクヤス様

    カクヤス様
    「出荷完了メールの配信を、宅配業者のシステムからWEBCASに切り替えました。エラーの詳細がわかるようになり、メール内容も調整できるようになりました。」

導入企業一覧

※上記はロゴ掲載の許可をいただいた一部のクライアント企業様です。

お電話でのお問い合わせ0120-948-724受付時間 10:00~19:00(土日祝除く)

エイジア企業情報

株式会社エイジア
東京都品川区西五反田7-20-9
KDX西五反田ビル4階
フリーコール 0800-919-0034
企業情報
株式会社エイジア

お客様相談室

エイジアでは、ベテランの専任担当者が、サポートデスクとしてWEBCASに関するご相談やご質問にお応えしております。

お客様相談室
サポートデスク
WEBCAS
メール配信ASP
WEBCAS
アンケートASP
WEBCAS
メール共有ASP
WEBCAS
顧客管理ASP
WEBCAS
マーケティング
オートメーションASP
WEBCAS ASP
トップ
AZIA

Copyright © AZIA CO., LTD. All Rights Reserved.

Copyright © AZIA co., ltd All Rights Reserved.
pagetop