メール配信システム

WEBCAS e-mail

トップ

クリック率

配信したメール本文の「どのURLがどの程度のクリック率だったか」を把握しておくことは、メールマーケティングを行う上で大変重要です。メール配信システムWEBCAS e-mailは、配信したメールのクリックカウントの取得、クリック率のリアルタイム分析が可能です。メール配信後にURLごとのクリック率をそれぞれ確認できるため、どのコンテンツが読者に響いたのかを知ることができます。これにより、クリック率の数値目標を事前に設定してメルマガの企画をするなど、より実践的なメールマーケティングが行えるようになります。

また、クリックカウントの結果はCSVデータで詳細を取得できます。「誰が、いつ、どのURLをクリックしたか」を詳細に把握できるため、クリック結果をその後の営業活動等に活かすことも可能です。

メール配信結果

メール配信結果

さらに、URLのトータルクリック数(1つのリンクにつき、どのくらいの回数が押されているか)を表す「のべレスポンス数」を確認することもできます。

配信ログをCSVでダウンロードすれば、「誰が、どのURLを、何回クリックしたか」まで確認することができ、コンテンツへの興味度合いを詳細に把握できます。

WEBCAS ver8.0_のべレスポンス(キャプチャPC版)

WEBCAS ver8.0_のべレスポンス(キャプチャSP版)

クリックカウント機能を活用している、当社お客様の事例

WEBCAS e-mailで、クリックカウント機能を活用しているお客様の声をご紹介します。

「当社では、IRコンサルティング業務としてクライアント企業の決算説明会の開催支援を行っています。WEBCAS e-mailは、この説明会の集客に活用しています。
メール配信後は、いつも管理画面からクリック率をチェックしています。受信者の反応がダイレクトにわかるため、クリック率が悪い場合はメールコンテンツを修正して再アプローチするなど、数値を見ながらPDCAサイクルを回しています」

みずほ証券様

みずほ証券様

WEBCAS e-mailの機能一覧  


WEBCAS e-mailでできること